求人採用情報 求人採用情報

ABOUT

SCROLL

牛

Okoppe
town

興部町について

興部町の名前の由来は、アイヌ語で互いにくっつくもの(川)という意味の
「オウコッペ」が由来であるとされています。
興部町の西部を流れる興部川と藻興部川がかつて合流して海に流れていたことから
命名されたと考えられています。

興部町は、北海道の道東にありオホーツク海沿岸に位置します。
夏は海水浴場も開放していますので、思いっきり泳ぐこともできますよ!

そして興部町には、かつての鉄道車両を利用した
簡易宿泊施設の「ルゴーサエクスプレス」があります。
このルゴーサエクスプレスは5月から10月の間、なんと無料で宿泊できるんです!

スキー場もあるので冬のウィンタースポーツも楽しめます。
それぞれの季節を楽しめるレジャー施設が充実しているので、
一年中飽きることなく暮らせる素敵な町です。

牛

Morita
farm

森田牧場について

当牧場は
「次世代が夢をもって、プライドをもって酪農に向き合える牧場づくり」
を目指しています。
牛にとって快適な環境を作ることで、牛のストレスが軽減し乳量が増えました。
今では興部町でもトップクラスの搾乳量となりました。

Technology最新のロボット牛舎を導入し、
リモート管理

牛が搾乳したいタイミングで搾乳することが可能となり、また搾乳量や牛の体調なども全てデータで管理し、リモートでの運営を可能に。

Cow-comfort自動換気システムの導入で
カウコンフォートを実現

SECCO換気システムを導入し「牛にとって過ごしやすい環境づくり」を実現しました。
夏場は30度を越さず、冬場は5度を下回らない安定した環境の中で牛たちが暮らすことが出来ます。
※SECCO換気システム 参照

QualityTMRセンターを活用し、
飼料の品質安定を実現

TMRセンター(オコッペフィードサービス)を活用することで、「飼料の品質の安定」はもちろんのこと、飼料作りに関わる「労働力の削減」「コストの削減」をも実現しました。

Movies動画で見る森田牧場

ロボット搾乳機

餌を自動化

餌を自動化2

Profile会社概要

企業名
森田牧場
住所
北海道紋別郡興部町字北興560-1
電話番号
0158-85-7781
代表
森田泰徳
従業員
3名
飼養頭数
400頭
年間出荷乳量
2000㌧
航空写真
牛舎
外観

Access